資料2010.08.26.。。。人生61年の生活からきずいた点を書き込ませていただき....

「「「資料2010.08.26.。。。人生61年の生活からきずいた点を書き込ませていただき.....」について
「資料2010.08.26.。。。人生61年の生活からきずいた点を書き込ませていただきます!」について
「「C。。。7..「日銀の為替操作を間違えたようですね!」について」について」について
はじめまして!仙台のくまさんと申します。。。

農家の戸別所得保障制度は税金の無駄遣い?>>....

上記の件に関して、人生61年の生活からきずいた点を書き込ませていただきます。
昔からこの国は農家が悪くなると、世の中も悪くなると申しました。
税金の無駄使いではありません!個別所得保証は農林省の算定方式は間違っております。この保証は一戸一戸の生活保障であって、原価計算上の保障ではありません。
保障してお金の流れを説明しますと、農家に個別保証として年間何百万円(これは農家が雇用できるところまで)といゆお金(生活分と雇用のためのお金)の保障して、農業界からこの国の社会へお金を回すのです。
そうすることによって、戦後農業界から工業界へ人が流れましたね、これだけの失業者を出しておるのですから、失業者を減らすために、これからは工業界から農業界へと人の流れを作って、失業者を減らすことです。

この国はお金が足りませんので、日銀で大量のお金を刷り、農家に投下することです。そうすることによって、社会全体の賃金を安定化することができます。そして、円安に誘導しやすくなります
。ある程度の円安にしますと、外国へ出した企業も日本に戻ってきます。このことは雇用につながります。
(追記)
上記の方法をとると、年金問題そして医療費問題の解決方法が見えてくるはずです


早く人の流れ、農業界から工業界へ、そして、工業界から農業界へ人の流れの循環を作ることです。

(後記)

どうも61年の人生を過ごしてみて、それぞれの国が人口当たりの規模の農業経営が成り立たなければ、それぞれの国の経済は成り立たなくなるようですね。
それぞれの国は、為替操作によって人口当たりの農業規模を確保することです。
経済理論の限界を早く設定することです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック