「「「仙台のくまさん、こんばんは!」について」について」について

「「仙台のくまさん、こんばんは!」について」について」について
仙台のくまさんです さま、こんばんは。

>①私はあるときこの国のお金が一定のお金で動いていたとしたら---、この国のいろんな数字が説明できるものですからね!

具体的にはどういう事でしょう?

>②工業製品は作るだけ作りますと耐用年数分仕事が切れます、その時失業者が出ます。食糧生産は人口当たりいつも一定です。ですから、失業者が出たとき農業界で失業者を吸収できるように、(工業界が立ち直るまで農業界で吸収しておく〕。。。

そうですね、この様な仕組みでもうまく回ると思います。それは、
全ての人々が農業で自給出来る土地を与えられている。そして、自給できない品物を欲しいときには工業などに従事し、必要なものを手に入れる。

>③工業製品の開発は、----

それには、まづ、失業者0にすることを経済政策の目標にするような価値観が人々の共通認識になることが必要でしょう。

その様な価値観を共有できれば、失業者をゼロにするための手段はくまさんのおっしゃる方法も含めて様々出てくると思います。

仙台のくまさんです
2007/05/10 19:14
①について説明しますと、年金制度、医療制度、そして、これから数字が合わなくなる介護制度、いずれも一定のお金で動いておるからお金が足りなくなるのです。自由化するとき生産者物価指数で賃金を決めるべきだったのです。消費者物価指数では上げすぎです。ここが、お金を足りなくする原因です。このことが国民を治安の悪い方向へ導き、教育の根本を忘れる思考に誘導しておるようですよ。。。。すべては農業界の改善の仕方にかかっておるようです。。。

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
仙台のくまさんの独り言
2007/05/10 19:16
投稿者:仙台のくまさんです2007/5/11 18:54国家に借りさせるのが?。。。確かのそのようですね!組織が安泰となれば国から借りさせれば安心して使えますからね?そのお金を助成金のような形、あるいは国債の形で国にお金を借りさせ、払えない借金を国にさせいずれこの国を滅ぼすような形態を形成しておるようですね?。。。見る鏡に歴史上の遺跡の膨大なる建物を構築した後に、それぞれの国が再生しようとしても何百年ものを年月をかけなければ再生されないような国の状態を形成してゆくようですね?

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback 仙台のくまさんの独り言
2007/05/11 18:57
元切り上げ問題。」について
本文
はじめまして!コメントさせていただきます?。。。。。。。。。元の切り上げは妥当な方向でしょう?。。。。
元の切り上げに対して円安に誘導すべきです?このことは中国の貧富の差を是正することになり、日本の貧富のさも是正の方向に向かいます。アメリカも早くこのことに取り組みアメリカ国内の安定性を確保すべきです。このまま数字だけの成長を各国が続ければお互いに戦わなければなりません?できればお互いの国が成長経済から循環経済〔エンドレス経済)へ早く転換すべきです。さもないと、いずれ、各国は戦わなければならないようですね?。。。。

仙台のくまさんの独り言
2007/05/17 16:22
早雲さん!私のコメントは大きい経営から小さい経営〔農業界、そして商業、工業界)が成り立つ方向に向けてのコメントに通じます。〔失業者0になるまで)。。。。。。


社会全体の賃金のベースは失業者0の時の農家ひとりあたりの労働報酬になるようですよ!これよりも高くしますとあらゆる産業で経営規模を生きるため大きくしなければならないようです。近づければ近づけるほど産業間のバランスの取れた規模経営が成り立ち循環経済〔エンドレス経済)が形成されてゆくようですよ!
仙台のくまさんの独り言
2007/05/18 03:51
それからですね、国の財政赤字解消するとしたら、①失業者0の時のエンゲル係数、そのときの農家一人当たりの面積がいかほどか?そして、今現在自由化でその面積の農家ひとりあたりがいかほどになってるか?社会全体の平均賃金をこれよりも下げその差額で返さなければならないようですよ。この場合返すとしたらもしかすると百年以上も年数がかかるかもしれません?。。歴史上大きな建物〔遺跡)をたてた後の崩壊した国の様相を呈するようですね。。。

②もう一つの方法として、インフレで食料の価値観を家計費の割合でをあげ〔エンゲル係数失業者0まで)て解決します。この場合は年数が少なく解決するようですよ!

仙台のくまさんの独り言
2007/05/18 03:53
国家に借りさせるのが?。。。確かのそのようですね!組織が安泰となれば国から借りさせれば安心して使えますからね?そのお金を助成金のような形、あるいは国債の形で国にお金を借りさせ、払えない借金を国にさせいずれこの国を滅ぼすような形態を形成しておるようですね?。。。見る鏡に歴史上の遺跡の膨大なる建物を構築した後に、それぞれの国が再生しようとしても何百年ものを年月をかけなければ再生されないような国の状態を形成してゆくようですね?

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback 仙台のくまさんの独り言
2007/05/19 06:59
仙台のくまさんです さん、こんばんは。
コメントの返事をすっかりサボってしまいました、ごめんなさい。
最近田植えの準備と花の植え付けで体力が結構消耗しています。自然パソコンに向かう気力が落ち気味です。
さて、個人や組織で安全な借り手が無くなってくると、金融資本は、国に借金をさせようとします。
安全な借りては他にないから当然のことです。
しかし、国は国債の利払いに追われ、有効な支出は減らされてゆきます。
昨今の様子を見ていただければ解るとおりです。
貧乏人から広く薄く集めた金が、国債を保有する金融資本に流され続けます。
仙台のくまさんの独り言
2007/05/19 07:01
Commented by 仙台のくまさんです at 2007-05-25 20:10 x
わんだあ~さん!表題の文面、まさにそのとうりです!この国は地方が駄目になればいずれ中央も駄目になるでしょうね?そのスケールが大変な大きさになるようですね?。。。。。。
エンゲル係数の限界、成長経済の限界、経営規模の限界、そうして、経済理論の限界があったら、どうするのか中央の方々は考えておらないようですね?。。。。。中央から地方へ、そして、地方から中央へ、お金の流れも人の流れも循環すべきと思うのですがね?。。。。。この国の舵取ってる知識人、政治家、そして、学者、余り勉強しすぎじゃないですかね? 仙台のくまさんの独り言
2007/05/26 10:57
早雲さん!私のコメントは大きい経営から小さい経営〔農業界、そして商業、工業界)が成り立つ方向に向けてのコメントに通じます。〔失業者0になるまで)。。。。。。


社会全体の賃金のベースは失業者0の時の農家ひとりあたりの労働報酬になるようですよ!これよりも高くしますとあらゆる産業で経営規模を生きるため大きくしなければならないようです。近づければ近づけるほど産業間のバランスの取れた規模経営が成り立ち循環経済〔エンドレス経済)が形成されてゆくようですよ!



それからですね、国の財政赤字解消するとしたら、①失業者0の時のエンゲル係数、そのときの農家一人当たりの面積がいかほどか?そして、今現在自由化でその面積の農家ひとりあたりがいかほどになってるか?社会全体の平均賃金をこれよりも下げその差額で返さなければならないようですよ。この場合返すとしたらもしかすると百年以上も年数がかかるかもしれません?。。歴史上大きな建物〔遺跡)をたてた後の崩壊した国の様相を呈するようですね。。。
仙台のくまさんの独り言
2007/05/31 19:21
<半農半X>。。なるほど。。昔から農家は百姓といって、あらゆる職業を兼務しながら営まれておったようです。〔いろんな人材がおったようです)。。どうも、労働力の振幅性を持ってる職業ではなかったのかな?と関係性の上文を読んでいて感じさせられました。アメリカ型の利益を追求する余り、大型化させ、専門化した職業にすることにより、失業者が出ても失業者を吸収できない現象が日本でもアメリカでも起きてきておるようですね?
<半農半X>の比率が高くなることによって循環経済〔エンドレス経済)へ近くなるようですね?

仙台のくまさんの独り言
2007/06/01 04:25
残念ながら、早雲さん!個人が所得格差をなくす場合は成り立ちますが?中国の場合人口当たりを考えますと、中国社会を維持するためには人口当たりの農地面積の経営が成り立つことが中国をささえることになると思います?。。。。

仙台のくまさんの独り言
2007/06/01 17:55
希望は戦争?。。。すごい言葉ですね?私はいろんなサイトのプログに成長経済を続ければいずれ戦わなければなりませんと書き込んでおりましたが、この方良く世の中〔この国の状態を把握されてるようですね!)を捉えてると思いますね!。。。。。。。もうこの国がなすべきことの答えは出てます。ペイオフ、地方分権、いずれも小さくです、ですが経済界、農業界、ともども、金儲けをしたいものですから大きく、相反する方向に進んでるようですね?。。。希望は戦争、、兵隊さんになって武勲をたて出世することかな?

仙台のくまさんの独り言
2007/06/26 07:01
経済素人さん、こんにちは.地方景気の悪化は、地方が財政立て直しのため、歳出削減を行っているためと考えています.江戸時代、藩は、藩主と藩の武士を養うための組織でした.農民は生かさず殺さず.そういう時代にもっどっていっているのでしょうか.
Commented by 仙台のくまさんです at 2007-06-27 18:29 x
rc2003xさんしばらくです!上記のコメント私はそのとうりだと思いますよ?よく捉えられましたね?やはり豊富な知識のおかげでしょうかね?なかなか上記のコメントが出来る方がいません。すばらしい説明材料を提供しながらコメントされてますね!。。。。

ここでエンゲル係数を引き出しますけれど、国民の家計費の割合で食料の価値観を低く抑えますと国民は生活がよくなるようですよ?。。。。ところが、良くし過ぎはいずれ社会に返さなければなりません。今のこの国の国民は良くした生活を下げたくないため、抵抗し続けてるようですね?
名前 :
URL :



非公開コメント
削除用パスワード設定 :


仙台のくまさんの独り言
2007/06/27 18:39
Commented by rc2003 at 2007-06-27 08:25
経済素人さん、こんにちは.地方景気の悪化は、地方が財政立て直しのため、歳出削減を行っているためと考えています.江戸時代、藩は、藩主と藩の武士を養うための組織でした.農民は生かさず殺さず.そういう時代にもっどっていっているのでしょうか.
Commented by 仙台のくまさんです at 2007-06-27 18:29 x
rc2003xさんしばらくです!上記のコメント私はそのとうりだと思いますよ?よく捉えられましたね?やはり豊富な知識のおかげでしょうかね?なかなか上記のコメントが出来る方がいません。すばらしい説明材料を提供しながらコメントされてますね!。。。。

ここでエンゲル係数を引き出しますけれど、国民の家計費の割合で食料の価値観を低く抑えますと国民は生活がよくなるようですよ?。。。。ところが、良くし過ぎはいずれ社会に返さなければなりません。今のこの国の国民は良くした生活を下げたくないため、抵抗し続けてるようですね? 仙台のくまさんの独り言
2007/06/28 04:14
おはようございます、早雲さん!やっとのことでご理解いただけるようですね?。。。

農業界と工業界の労働報酬の差がつくことによって貧富の差が出てくるようですね〔産業間の労働報酬の差)。それでもって国の歪も助長されるようです。

このことは農業界と工業界の開発スピードの違いからくるようです。(農業界は一年に一度の研究しか出来ませんが、工業界は一年に何度も繰り返し研究が出来ます。このことが農業界と工業界の開発スピードの差を作るようです)。ですから差がつきすぎをある時期に圧縮調整を図らないと解決しないようです。。。。
仙台のくまさんの独り言
2007/06/28 04:22
http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback......

上記のURLを読んでいただくと(雑文ではありますが?)食料の重要性がお解かりになると思います。。。。<<仙台のくまさんですより>>。。。。。
仙台のくまさんの独り言
2007/06/29 07:19
早雲さん!私の理解する食管制度は当初米の値段の上がりすぎを抑える役目を果たしてたように思います。そしてその後早雲さんの言われるように地方の所得の底上げに使われたように思いますが?いかがでしょうか?

国内向け産業の衰退>。。。これは小さい規模の産業が衰退したのではないでしょうか?国内の食糧の価値観を家計費の割合で上げてゆきますと、この衰退した小さい規模の業種の産業が戻ってくるはずですよ 仙台のくまさんの独り言
2007/07/02 12:42
9条の会の方々に、こう申し上げました。9条を守るなら成長経済から循環経済へ大転換をとね?成長経済を続ければ戦わなければなりません、ですから、循環経済を達成しながら9条を守らなければ守りきれませんよとね?

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
仙台のくまさんの独り言
2007/07/08 04:27
食糧の価値観を家計費の割合で上げてゆくと消費税を上げないでも解決の方向に向かうのだけれどな~?誰も食糧の価値観に目を向けないようですね?これでは残念ながら税金問いゆ名の税金は留まることなく上げ続けながら解決しなければならないようですね?


原因は何なんだろう、産業間の労働報酬の差がつきすぎてることに原因があると思うのですがね?これを圧縮調整すれば解決することなのですがね?

仙台のくまさんの独り言
2007/07/10 02:25
異常ではありません!まだまだ円安にしなければこの国の経済を維持してゆくことはできない筈ですよ?要するに円安に持って行き輸出規制をしながら国内産業のバランスを早く確立することでしょうね?

参考までに四~5年ぐらい前にラジオで国内調整するならば円が230円から270円ぐらいに調整しなければならないといった方がおりましたが私はそのとうりと思ってます。ただし、今現在日銀が量的緩和してますので、それよりも大きな数字で調整をはからなければならないでしょうね?
仙台のくまさんの独り言
2007/07/10 02:57
、5~6年前、市内の土地が半値ほどに下がってからです。4000万円近い価格帯でも即日完売した。今はさらに3000万円台前半にまで下がっています。この先、地方の土地はさらに値下がりしていくでしょう。そうなると、農民以外はみんな、地方の都市部に出てきます。そこまできて、ようやく地方都市の中心は下げ止まるでしょう。あまりに値が下がると、土地投機が再燃すると思われます。地方都市は、固定資産税と地方法人税が減収してはやっていけません。税収増を真剣に考えなくてはいけない。今後、国からの支援が期待できないからです。よって、地方でも、さらに選別が進むと考えています。

上記のコメントでわんだあさん、この国の破綻を回避できる答えをだされましたね!上記のコメントは私が夕張の破綻を回避の方向に向かわせるならば、食糧の価値観を家計費の割合で上げてゆくことに、通じるのですがね!

農地の固定資産税を上げる事ができるし町は潤い始めますし税収の増加に寄与するのではないでしょうか?解決の方向に向かうはずですよ? 仙台のくまさんの独り言
2007/07/10 17:49
 仙台のくまさん
 おはよう御座います。
 私と仙台のくまさんとでは、「円安」のつかみ方以外は意見が一致していると思います。
 全ての面で「規模を小さく」は重要な視点だと思います。
 ただし、政府をただ小さくすると、「今回の新潟地震の地域災害」の細部にわたる情報とその対策に「遅れるマイナス面」が生まれます。末端で働く消費物と係わる検査技師や市民・農漁民と係わる調査技師の人数まで減り、私たちの生活を脅かす状態になっています。
 ですから、「小さければ良い」のではなく、どこを縮めるかが重要になります。直ぐ議員になりたがる官僚や天下りしたがる官僚がいらないのです。
 ですから、私は今回の選挙で元官僚を擁立している政党には入れたくありません。
仙台のくまさんの独り言
2007/07/17 18:50
早速のコメントありがとうございます、morichanさん!

政府を小さくするのではなく、政府の部門、たとえば、農林水産省を農林省、水産省のように小さくしてゆくことでしょうね?どうも人はどれだけの範囲の管理能力があるかでしょう。今の能力は機会の経済能力で考えられておるようですが、どうも、人が判断するものですから、人の管理能力で規模を考えられるのがベターと考えますがね

仙台のくまさんの独り言
2007/07/17 18:51
 仙台のくまさん
 早速の返事有難う御座います。
 全体の規模を小さくするのではなく、細分化することなんですね。
 農業の場合、本来、細分化されているものを企業経営を導入して大規模化しようとする政府の動きがあります。決して良い方向に進んでいるとは私も思いません。
 しかし、政府部門の細分化によって長官が増えること以外には私の思考から外れて、残念ながらコメントできません。

仙台のくまさんの独り言
2007/07/17 18:52
長官が増える事以外考えられない>>。。。長官といえども人の子、範囲の広い管理を与えられたら決め細かな判断に欠けます。

参考までに>>。。。。日本の軍隊が強かった原因は内務省といゆ現場の状況を速やかに中央に伝える役目を持つたことです。要するに現場から中央まで速やかに把握する機能をもたせたからこそ強い軍隊を維持できたはずです。それをみぬいたアメリカは戦後すぐに解体させたはずです。
要するに今の中央の行政は現場の把握が余りにも遅く後手後手に回っておるようですよ。
政府は決め細かな政策を打たないから、ヒヅミが出るのだと思いますがね?

仙台のくまさんの独り言
2007/07/17 18:54
中央の行政機関は段階的に現場の状況を伝達できる機能ともう一つの伝達方法を持つべきです。それは現場から直接伝達できる機能を確立することでしょうね? 仙台のくまさんです
2007/07/18 02:40
日本の国家破産2008年説について
この前に北京オリンピック終了後の中国不動産・株バブル破裂に伴う世界同時不況に起因する米国の新ドル発行(日本等の借金踏み倒し)があり、日本は国家予算が組めなくなった時点でIMF勧告を受けて新円発行を施行する公算大なると思われます。米中 要注意です。取敢えず 以上 仙台のくまさんの独り言
2007/07/18 18:13
真犯人は平均賃金の数字の上げすぎから起こってることです。残念ですね、こんなに知識人の豊富な時代にこのこときずかないこの社会がわからなくなってしまいますね?
仙台のくまさんの独り言
2007/07/21 18:49
農民兵さんコメントありがとうございます。
私は若い頃、年配の方々から、農家が悪くなると、世の中も安泰ではいられなくなると良く聞かされたものです。この事は説明できなくとも、経験の言い伝えでそうなっておるのでしょう。
そこで、私のサイト(http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback)での農業の重要性を、ある年上の方に話しました。農業界が歴史上重要性が語られてるのが〔士農工商〕江戸時代だけですと、言いましたら、江戸時代の商業と税金の徴収なんかを詳しく説明してくれた方がおりました。
江戸時代は人口資料の宝島だけではないようですね?勉強になりました農民兵さん!


Posted by: 庄子精一 | 2007年09月10日 16:59

日時: : 2007年09月10日 16:59

仙台のくまさんの独り言
2007/09/11 21:11
農民兵さんコメントありがとうございます!

農民は、自由貿易にも耐える強固な基盤を自らの手で構築しなくてはならない。顧客を自ら開拓することで自立してゆかねば補助金頂戴の“国のお荷物”とみられても仕方ない存在となるだろう。>>。。。。確かに経済理論からすれば私も同感です。しかし、良く考えてみてください、果たして、アメリカと日本はすべての条件が同じでしょうか?同じだければ農民兵さんのおっしゃるとうりです。
条件の違うものがすべて同じにしなければならないとゆうことは不自然ですね?

このまま農民兵さんのように大衆とそれぞれの産業の指導者、官僚が判断したとしたら、緊急事態です、まずは、農民兵さんに最初の召集令状をはっそうしなければならないようですね?


(追記)陸軍への援軍(農民兵さん、農家への補助金はいくらも農家には渡りません、組織の経費で消え、機械産業へそして土木産業へとお金が使われておることを知らないようですね?マスコミと大衆はこのことを知らないで頂上の数字だけではんだんされておるようですね、残念ですね、これではこの国の歪は解決しませんね?)
仙台のくまさんの独り言
2007/09/14 03:20
農民兵さんへの追加コメント!


面白い解釈説明ですね。。。。。

陸軍〔食糧生産、国内産業軍)、海軍〔貿易産業軍)、空軍〔情報、技術開発軍)、と考えられますね!

財政破綻をしましたら、海軍の行動半径が狭まり、空軍は空腹の余り、空軍強化とは反対に衰弱軍になり、能力を思うように発揮できなくなります。
ここで、陸軍の歩兵部隊〔商業、企業、農業の小規模化)に活躍して頂きます。歩兵部隊に食糧生産に励んでいただき、その食糧を空軍に提供しますと、空軍は息を吹返し能力発揮し始めます。海軍は行動半径が広まります。
以上で陸軍、海軍、空軍、でこの国を守り抜くことが出来るでしょうね!自立できる軍隊の形成になりますね。

仙台のくまさんの独り言
2007/09/14 03:22


:
早速のコメントありがとうございます、峯山様!

労働界の平均賃金を下げてゆきますと、確かに解決の方向には向かうのですが、犠牲者を伴います〔借金して物を買ってるからです〕。
できれば家計費の割合で食糧の価値観を上げて行くのが犠牲者を少なくて済むようです。それからですね、食糧の価値観を上げてゆきますと、ある時期から平均賃金も上げていけるようですよ?

Posted by: | 2007年09月05日 12:56

日時: : 2007年09月05日 12:56

峯山政宏:
>様

>できれば家計費の割合で食糧の価値観を上げて行くのが犠牲者を少なくて済むようです。それからですね、食糧の価値観を上げてゆきますと、ある時期から平均賃金も上げていけるようですよ?

いいアイデアがありましたらまた連山サイトでご報告お願いいたします。

知行合
仙台のくまさんの独り言
2007/09/14 03:58
早雲さん!経済同友会にもこんな方がおるのですね?すばらしいかたがおるようですね、私が言わんとすることはこのことです。
眠り猫さんのコメントの中の(一つは、日本は修正資本主義で成功してきた。今、アメリカンスタンダードに乗っての新自由主義は、資本のために奉仕する体制であり、世界の金融資本を牛耳るアメリカに利益になるだけだというお話しでした。ここは良くわかります。
 あと、日本が1400兆円もの借金を抱えているのは、それは本来は史上空前の利益を上げている企業から返済させるべきものである。元々、国民の金で、バブル崩壊時の企業の危機を救ったのだから、その返済義務は企業にある。
 しかし、政府は、国債と言う形で、国民の家計から資金を収奪し、さらに法人税減税、消費税増税など、国民の家計からばかり資金を搾り取る政策に出ている。これは許せない。)。私が言いたかったことはこのことです。。。。こんな素晴らしい方がおって、なぜ、これとは逆に大衆指導者たちはこの国を誘導しておるのでしょうかね?

仙台のくまさんの独り言
2007/09/15 13:23
農民兵さんのお言葉お借りしますと


制空権をとらずに陸軍のみ強化することが上策であるとは私には考えられません。。。食糧確保せずに空軍のみを強化することが上策であるとは私は考えられません。。。。。。軍隊とはいえ相互のバランスを維持しながらすすまなければならないのではないでしょうか?


農民兵さんとのコメントのやり取りできづいたのですが、農民兵さんの考え方をこれかたも遂行してゆくとしたら、どうも、資本主義経済の北朝鮮化の方向に進むようですね?


参考までに!
ソ連が破綻したあとの、ソ連の国民は建物は確保でき、かろうじて食糧が確保できるものですから、なんとか生活が出来るといゆこと書かれたほかのサイトで読んだことがあります。ゆえにソ連は破綻しても北朝鮮のようにならなかったようです。
アメリカが何度も破綻状態になり再生が早いのは食糧の確保が出来るからです。このことが国際的に横着な態度でいられる所以でしょ?

仙台のくまさんの独り言
2007/09/19 10:26
「「早急に検討を!」について」について
よく話されることで「食糧の価値観を家計費の割合で上げてゆくことです。(失業者0になるところまで)」

 というものがありますが、エンゲル係数が上がると失業者が減るという関連性が私には分かりません。少し説明をいただければ助かるのですが?


失業者が仕事を選ぶとき、自分の給料の3割減の職業を選ぶのが眼界です。農業界と平均賃金が近づけば近づくほど、農業界で失業者を吸収できる可能性が高くなります。
仙台のくまさんの独り言
2007/09/19 10:28
アメリカやオーストラリアの農産物の輸入を阻止する方法!


農家一人当たりの労働報酬に対してこの国の平均賃金を下げてゆき、ある一線以下になりますと、外国の穀物、農業生産物を阻止できるようです?(中国の低い労働報酬で生産し、世界に販売してることが判断の材料になるでしょう)。 仙台のくまさんの独り言
2007/09/20 17:36
2007年09月21日
イギリスですらペイオフできず
ラビ・バトラさんの予言 ラビ・バトラさんは、1978年に「資本主義と共産主義の崩壊」という本で以下のとおり社会循環の法則をもとにして、世界情勢を予測しました。「遅くとも西暦2000年までに共産主義は、断末魔の苦しい革命を経て終わりを迎え、2000年代の最初の10年に資本主義は崩壊する」  当時、誰もがソ連の崩壊を信じることができませんでしたが、1989年11月にベルリンの壁が崩壊し、ソ連は崩壊して...




どこの国でも、ペイオフはなかなか実行はできないでしょうね?ペイオフの代わりに、その国のベースとなる基礎的産業の物価をインフレか、ハイパーインフレで上げてゆくことでしょうね?(産業間の賃金の差が大きく開くためにペイオフで圧縮しなければならない現象ですからね?)。。。。。 仙台のくまさんの独り言
2007/09/21 13:18
農家への補助金!
 農家に補助金を直接投入して生産量を上げれば自給率は上がるとお考えのようですが、この場合はいわゆる「農家の公務員化」の問題が起こるのではないかと危惧します。。。。。。。。




確かに、’農家の公務員化’の問題が出ますが、一時的に農家個数を確保しておかなければなりません。なぜかと申しますと、農家人口を増やさなければならないときに、多くの技術伝達要員〔既存の農家)を残しておかなければ、農業復興はそれだけ遅れるからです! 仙台のくまさんの独り言
2007/09/22 01:00
したがって、貨幣経済と農業をマッチさせるには上手な補助金の導入方法しかないことがわかります。
農業依存率に比例する補助金を入れるという工夫も可能でしょう。
アメリカがやっている、食料の価格をアルコールにして引き上げるという風な邪道はだめです。
食べるものとして、食べて消費する形態で貨幣経済と均衡させるのが前提でしょう。
通りすがりですが、いまの硬直的、利権的な農業運営では、世論の集中砲火をあび、あおられて郵便貯金のようにほんとに全部の農地を国際金融資本家にとられそうですよ。


私も同感ですね!。。。。〔仙台のくまさんですより!)。。。 仙台のくまさんの独り言
2007/09/22 01:11
いずれにりよ、優勝劣敗を極大化する「グローバルスタンダード」では人類がもちません。くさい言い方ですが、今の日本や世界には、血の通ったお金の循環が必要です。

  連山の活動には大いに期待します。

仙台のくまさんの独り言
2007/09/22 01:21
戦後の農地開放は正解のようですね!
何年か前に民主党の方が昭和16年の財政状態でこの先どうするんだ。と話をしてた方がおりましたが、もしも、小作制度の中で今の経済が営まれてたとしたら、もうとっくの昔、鉄砲を持つて戦い始めておるようですね?片肺飛行経済をしておるのは、農家が農地を維持管理できる間だけのようですね?
仙台のくまさんの独り言
2007/09/22 18:39
:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/09/23(日) 12:22:41
公務員の法外な給料が国の財政を疲弊させ、年金が危なくなっている。
それで消費税率値上げを言い出した。
民間の倍以上の滅茶苦茶な給料を盗っている給料泥棒の為に国民は高い消費税を払わせられるのだ。

公務員が取り過ぎた給料、つまり民間より余分に取っている給料は毎年20兆円に達する。
公務員が取り過ぎた給料
2007/09/24 01:00
アメリカやオーストラリアの農産物の輸入を阻止する方法!


農家一人当たりの労働報酬に対してこの国の平均賃金を下げてゆき、ある一線以下になりますと、外国の穀物、農業生産物を阻止できるようです?(中国の低い労働報酬で生産し、世界に販売してることが判断の材料になるでしょう)。 輸入を阻止する方法
2007/09/27 08:42
成功は農業と同じ!
人の成長や人間関係においても、最終的には
この原則が必ず作用することになる。

つまり、人の成長も人間関係も自然のシステム
であり、農場の法則が支配しているのである。」

(今日の参考文献↓
「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー
→  仙台のくまさんの独り言。。。。成功は農業...
2007/09/29 02:36
農場の法則ってなんでしょう?

種をまき、水をあげ、雑草をかり、一年経ってよ
うやく収穫を得る。

こういう風にゆっくりでも着実に成功へむかう方
法をコヴィー先生は「人格主義」とよんでいます。

それに反するのが、「個性主義」。

これは、小手先のテクニックだけを重視する方
法。

仙台のくまさんの独り言。。。。成功は農業...
2007/09/29 02:39
コメントありがとうございます!大変申し訳ないのですが、早雲さんに反論するような形になりますが、コメントさせてください。。。。。。。。。。確かに賃金を上げれば税収も増えますが、負債も減少します(正常に賃金の決定がされてる場合には早雲さんのようになりますね?しかし、平均賃金の上げすぎの場合は負債は減らないようですよ!)。。行政のあれだけの仕事減らしをしても財政赤字が減りませんでしたね、なぜか?それは、平均賃金の上げすぎが社会全体に流通してますのでそれが膨らみ財政赤字を減らすことが出来ないようですよ!。。。どうもこの国の平均賃金のベースになるのは失業者0の時の農家一人当たりの面積、賃金が社会全体の基準になるようですよ。。。。それからですね、夕張の財政破綻を解決するためには、食料の価値観を上げてゆくことです。そうすれば、町は潤い税収が上がります、しかも、農地の固定資産税も上げる事ができ夕張の財政赤字の解決の方向に向かうのではないでしょうか?。。如何でしょうか?早雲さん!
仙台のくまさんの独り言
2007/07/21 07:25 仙台のくまさんの独り言。。。早雲さんへ!
2007/09/29 17:15
通りすがり:
この国の財政は借金財政ですね?借金とは生活の先取りです。借金を払える見込みのある借金であれば良いのですが?どうも、払えない借金をしてまでも、良い生活を選んだようですね?払えないといゆことは、誰が払うか?それは子供たち、孫たちが払わなければならないようですね?要するに、この国の国民は子供たち孫たちの生活分まで先取りして今の良い生活を選んだようですね?。。。。これからの子供たち孫たちの生活の悲惨さが目に浮かぶようです?〔涙)。。。(このままのペースでゆきますと、これから、子供たち孫たちが今の膨大な国の借金を払い続けなければならないようですね?)。。。。。


①インフレ】捨てられた子供たち。。。②大人に報復を始める子供
①そして②のことは、この事を説明しておるようですね!。。。

これからの子供たち孫たちへ。。
2007/10/10 00:23
日本の民間給与が9年連続減少する理由>>...農業界と関連があると思いますがね?


社会全体を相場ものにしておることの大企業の指導者は気づかないようですね?


相場ものは常に安定を保つためには上げすぎた分を下げてバランスを保ちます。そのことを最近の指動者たちが気が付かない点では似でしょうか?。。。

----------------------------- 『連山』編集部

足利幕府末期の幕府に期待するのは個人の自由ですが既に国民の半分以上の人が年金を支払っていませんし、20代では4割程度です。中世混乱期には、惣村が生まれ発展しました。
指導者も役人も本音では自分達は金も権威もなくなり権力土台が崩壊した事を自覚しています。マスコミによる錯覚で大衆の多くは彼らが未だに力を有していると考えているのが滑稽です。乙名や沙汰人を中心に生活防衛手段を早急に整える事を提言します。

Posted by: 通りすがり | 2007年10月10日 18:
仙台のくまさんの独り言
2007/10/11 06:26
http://wanderer.exblog.jp/3620635/ 2006年 05月 17日
2007/10/15 05:09
336.食料自給率100%を目指す政策について !


http://wanderer.exblog.jp/3620635/
336.食料自給率100%を目指す政策に...
2007/10/15 05:13
イギリスですらペイオフできず
橘みゆき



英雄:
潰れたらそのときはそのとき。日本人もここらで一度貧乏になるべきでは。人口は一割、領土は本州だけでも残ればいいですね。

Posted by: 英雄 | 2007年10月14日 17:35
イギリスですらペイオフできず
2007/10/15 05:16
dotcom:
高橋様

Googleのblog検索で「脱石油 農業」がキーワードでやって参りました。はじめまして。

大変共感をさせていただく部分が多々御座います。

1 "電動トラクター" は既にあるようです。

http://www.google.com/search?num=50&hl=ja&newwindow=1&rls=GFRD%2CGFRD%3A2007-09%2CGFRD%3Aja&q=%22%E9%9B%BB%E5%8B%95%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%22&lr=

2 石油枯渇のriskに備えて、脱石油依存の農業こそ、人類に必要なものだと思っています。

PS 個人的に無農薬無化学肥料の自然農法の研究をちょっとだけ行っております。 

お返事をいただけるなら、お手数お掛けしますがHPに反映後にメールでご連絡いただけると有難いです。

電動トラクター
2007/10/17 04:56
C383] はじめまして!
明日は私も貴女もホームレスかもね!日本も世界中の国々が成長経済を目指しておるようですが、これは、どうも限界があるようですよ?人の成長と同じく限界があるようです。限界以上に成長させれば失業者を出さざるを得ないようです?ホームレスを減らそうとすれば、やはり、循環経済〔エンドレス経済〕を目指すべきでしょうね?。。。このまま世界中が成長経済を目指せば、いずれ、大量のしつぎょうしゃを出さざるを得ないようですね?
2007-05-05 仙台のくまさんです URL 編集
明日は私も貴女もホームレスかもね!
2007/10/19 06:22
もう一つ、この事も書き込んでおきます、(これからの若い人たちのためにも)?。。
戦争といゆものは、歴史上工業界の平均賃金と農業界の平均賃金の差がつき過ぎることからおきるようですよ?
戦争によつて食糧の重要さが出てきて、工業界の平均賃金と農業界の平均賃金が圧縮され、是正され、また年数が経つと工業界と農業界の平均賃金が差がつき戦争へと、何十年周期に戦争が起きるようになってるようです。
戦争を回避するためには人為的に工業界の平均賃金と農業界の平均賃金を近づけることです〔失業者0になるところまで)。
戦争といゆものは
2007/10/20 08:44
消費税を減らす方法!
家計費の割合で食糧の価値観を上げてゆくことです。このまま、社会保障費が年8%の伸び率では、現在の消費税に頼る考えでは消費税を上げ続けなければならないようですね?
消費税に変わり食糧の価値観を家計費の割合で上げてゆき、解決してゆくことですね。。。 消費税を減らす方法!
2007/10/20 16:27
G7の元の切り上げ、当然でしょうね、これをしなければ中国の治安も危ぶまれるようですね?
日本にとっては中小企業、および日本農業を立て直す具体的な策に寄与するのではないですかね?

日銀のインフレ、バブルのやりかたを間違えたようですね?。。。
G7の元の切り上げ、当然でしょうね
2007/10/21 18:02
通りすがり:
今日のアメリカの株価の下がり具合からすると、この先アメリカはどうなることやら?。。。。

Posted by: 通りすがり | 2007年10月20日 06:21

日時: : 2007年10月20日 06:21

通りすがり:
G7の元の切り上げ、当然でしょうね、これをしなければ中国の治安も危ぶまれるようですね?
日本にとっては中小企業、および日本農業を立て直す具体的な策に寄与するのではないですかね?

日銀のインフレ、バブルのやりかたを間違えたようですね?。。。


G7の元の切り上げ
2007/10/22 06:37
穀物の国際価格は上昇しているものの、国内の米価は下落傾向にあります。

米農家は集団営農に取組み始めた途端に米価下落に襲われた形となり危機的な状況です。

さすがにこのあたりはNHKが特集しはじめましたが、一般の理解はないに等しい状況です。

さらにここで米の関税が引き下げられたならば米農家は一部を除き壊滅するのではないでしょうか …
日本国は本当に商工だけで維持されるのでしょうか
農民兵さんへ
どこの国でも同じですが、産業間のバランスを保たなければ、それぞれの国の財政、治安等、もろもろのバランスが崩れるようですよ?
前にも連山に書き込みましたが、商工を中心に考えますと復興が早いです。そのために、どうしても金融、工業、商業を中心に考えてしまうようですね?そのために、どこの国も産業間のバランスを崩してしまい、それぞれの国内秩序を乱し始まるようですね。
参考までに!
ある地方銀行が昨年、農業新聞に、食糧の単価を何円上げると何千億円の経済効果をもたらすとの試算の記事を掲載されてましたね。この重大な記事を中央の方々考えようともしないようですね、残念ですね?


日本国は本当に商工だけで維持されるのでし...
2007/10/22 06:40
参考までに!
ある地方銀行が昨年、農業新聞に、食糧の単価を何円上げると何千億円の経済効果をもたらすとの試算の記事を掲載されてましたね。この重大な記事を中央の方々考えようともしないようですね、残念ですね?

Posted by: 通りすがり | 2007年
食糧の単価を何円上げると
2007/10/24 07:15
農業界の再生、農業技術伝達要員の確保、早急に農家個別保障を実行すべきです。〔高い工業技術をもっておるうちに、早く小さい経営農家を確保しておくことですね)。

要するに家計費の割合で食糧の価値観を高めておくことです(失業者0になるところまで)。。。。
2007/10/24(水) 17:39 | URL | 仙台のくまさんです! #ChhP9feo[ 編集]
農業界の再生、農業技術伝達要員の確保、早...
2007/10/24 17:44
峯山政宏様へ!


もちろん、この時、日本の質素倹約の精神が文明の基本に置かれるのだろうと予測しています>>。。。全く峯山様の予測とうりになるでしょうね!この予測を私なりに説明してみましょう?


今この国は財政赤字ですね!借金とは生活の先取りです。払える借金であれば良いのですが、払えない借金をするといゆことは、この借金誰が払うでしょうか?次の世代(子供たち、孫たちが払う)が払うようになります。
借金は生活の先取りです、払えない借金までもして生活の豊かさをこの国の国民は求めたのです。要するに子供たち孫たちの生活分までも先取りして生活の豊かさを求めたようですね。 今この国は財政赤字ですね
2007/10/29 00:12
こまつさん、返信コメントありがとうございます!


ご存知でしょうか?この国はもうとっくの昔、この国が進めなければならない答えを出してることに気づかないでしょうか?もう中央から二つの言葉が発せられてます。その言葉は①地方分権②ペイオフです。

①、②の言葉から考えられるのは小さくです。経済理論からすれば大きくですが、①、②の言葉から行政体を小さく、②のペイオフからすると企業も農業規模も小さい経営が成り立つように今後進めなさいとの指針を与えてる言葉ではないでしょうか?


要するに、国を維持するためには経済理論の限界があるようですよ!企業のための経済理論だけでは国を維持することは出来ないようですね?
歴史は繰り返されるようですね! 国を維持するためには経済理論の限界がある...
2007/10/31 05:44

コメントする
ニックネーム

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック