「「「「34...E-2。。。アメリカおよび日本および世界を救う方法!」について」について」に...

「「「34...E-2。。。アメリカおよび日本および世界を救う方法!」について」について」について」について
「D。。。「世界恐慌に対して何を為すか」..4月14日資料提出」....世界への資料!」について」について
世界恐慌に対して何を為すか」..4月14日資料提出」について......」について」について」について
「食糧生産と経済界との関係性および食料生産一人当たりの労働報酬と平均賃金との関係性それと食料生産と失業」について
早急にアメリカ国内の食料の価値観を揚げ、農地解放をし失業者に仕事を与えることです。これをすることによってアメリカの外へ出した産業が戻り始め、雇用に繋がり今のサプライズ問題も解決方向に向かうはずですよ。(失業者0になるところまで)。。。。

アメリカの大企業の平均賃金を下げてゆき、アメリカの平均賃金に対して食糧生産価値を上げてゆき、小さい経営を成り立たせることです。要するにアメリカは農地解放をして、小さい農業経営を成り立たせ、雇用につないでゆくことです。そうすることによって、アメリカは外国に出て行った中小企業が戻り始めて、雇用につながります。

以上より株価が安定し始めるし、金融関係も安定性を確保できる方向に向かうはずです。

.............

「35.。。。緊急提言。。。。日銀よ!。。早急に円安へ誘導せよ!。。。」について
経済覇権国をやめるアメリカ
 【2009年11月26日】 米オバマ大統領は、アジア歴訪を終えて帰国した後のラジオ演説で「米国は従来のような借り入れによる消費で経済を回してはならず、代わりにアジアへの輸出で経済成長せねばならない。米国民は消費を控えて貯蓄を増やし、政府も財政赤字を減らさねばならない。アジアへの輸出が5%増えるだけで米国の失業はかなり減る」と述べた。私から見ると、このオバマの発言は、米国が経済覇権国をやめることを意味する決定的な宣言である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック