「「「「38.。。11月28日付け資料。。。。。今、必要なことはインフレ政策です。。。。。」に...

「「「38.。。11月28日付け資料。。。。。今、必要なことはインフレ政策です。。。。。」につ...」について
「「「38.。。11月28日付け資料。。。。。今、必要なことはインフレ政策です。。。。。」につい...」について
「38.。。11月28日付け資料。。。。。今、必要なことはインフレ政策です。。。。。」について
「21。。日航の経営を成り立たせる(救うための)ための方法!」について
円急騰・株価急落・政府動かず【森田レポート】

政府や日銀が動かなくても下がれば買う。
日本株式市場は底値近辺にある確率は高いと考えていますので、個人の『株式組入比率』は33%に、1億円ファンドも少し買いました。政府や日銀が動かなくてもなぜ買えるのか?
本日は森田の考えている具体的な“投資戦略”をレポートします。

ドバイ有数の政府系持ち株会社が返済延期を求めたというニュースで、欧州の株式市場が急落、円がドルに対してもユーロに対しても急騰し、日本の為替は一時84円台まで上昇、株式市場も一時200円以上下落しました。

オバマ大統領は『ドル安で輸出を増やして、景気回復と雇用増を狙う』といはっきりとした将来のビジョンを米国国民にしめしました。
中国も内需拡大にお金を使い、13億人のパワーで景気を回復するという方向が見えました。

日本はどうか
一部のパフォーマーが米軍基地に勤める日本人の給与を下げろというニュースが話題になりましたが、民主党の若手が重箱の隅を突っ突き、財務大臣は『自分が一番頭が良い』ということをひけらかして円高誘導を行ない、慌てて円高阻止発言をし、菅副総理は、日本がデフレに入ったと言いながら、ではどうするかについては『無言』で通し、日銀はCP(コマーシャルペーパー)など買い上げを中止して資金を市場から吸い上げ、肝心の鳩山総理は『円高ではなく、ドル安だ』と対ユーロでも円高が進み、回復基調の輸出の足を引っ張り、デフレを加速させる円高が進んでも『他の国の話』のような態度でインタビューに答えていました。

これは大変な選択を日本人は、一番大変な時にしてしまったかもしれないという不安が強くなりました。一番怖いのは『知らない』ということです。知っていて『行なわない場合には、別の戦略を考えている』かもしれませんが、知らない場合には『危機感がない』ので、ずるずると行く可能性があります。

自民党は『民主党を選んだ国民は、その重みをしっかりと味わえ』と伊吹元自民党幹事長が派閥の総会で言ったと新聞が報道していましたが、自民党を選ばなかった原因を忘れて、今が大変になっていることをチャンスと考え、更に国民に『ざまーみろ』と言うのが自民党の重鎮では、自民党にも政権を任せられないということになります。

今、必要なことはインフレ政策です
つまり、日銀が他国と同じように『市場』にお金をばらまき、政府が巨額の景気対策を行なうことです。景気対策を絞れば『景気悪化による税収不足で、大量の国債を発行させられる』ことになることは、今年で証明されています。

縮小均衡ではなく、拡大均衡を目指さなければならない時なのですが、既に巨額の財政赤字があるからできないでは、誰が政権を取っても同じではないかと思います。

今回のような環境は『資本主義始まって以来の危機』であり、この危機を常識的な戦略で乗り切ることは不可能であり、そのため官僚や企業との癒着がない民主党が選ばれたはずなんですが、民主党が余りにも無知で、情報過剰から頭の中がこんがらかってしまっているのではないかと思います。

事業仕分けは『民主党議員が見苦しくて、最近は見る気がしない』人は多いのではないでしょうか。あれは、まるで『弱い者をじわじわといじめている』ようです。

投資戦略
3ケ月後の日本の株式市場を想像して見ましょう!
今よりも株式市場は下がっているのか、それとも今より株式市場は上がっているのかということですが、政府が正常ならば『株式市場は今より上がっている』と言えます。

政府が能力不足ならば、政府が慌てるまで株式市場が『株式市場を下落』させて、政府に気付かせて、経済対策や金融政策が採られるでしょうから、やっばり3ケ月後は株式市場は上がっているのではないかと思います。

つまり『今が株式市場の底値近辺にある』という確率は非常に高いわけで、ここは『買いのタイミング』なのですが、7月の時は『専門家の見当違い』でしたから、楽に買えましたが、今回は『政治家と日銀が無知』という原因ですから、思い切って買うという決断がなかなかできません。

問題は『どこまで下がるのか』ということです。
日経平均は9180円まで下がりました。ということは、値幅調整が最低ラインまで行なわれたことになります。しかし、コツンときたという印象は全くありません。それは政府や日銀の反応が『まるでない』からだと思います。

昨日、2%まで『株式組み入れ比率』を増やして、今日は30~50%まで増やそうと思っていたのですが、今回の政府・日銀の対応を見る限り、来週も株式市場は『下げて、政府にメッセージを送るのではないか』と思ってしまいます。

森田個人の方は本日、買って、『株式組み入れ比率』は30%にしましたが、1億円ファンドの方はまだ23%しか買えていません。


日経平均が9200円を一時的ではありますが割り込んだことで『買わないリスク』が出てきました、そして、個別銘柄のチャートを見れば『株価が下がった』という現実を見ることができます。

したがって、ケンミレ投資戦術から考えれば『ここは迷わず買い』のタイミングとなりますから、買わないリスクを避けるため、今日の18時すぎに『円高メリット関連株』を投資ソフトの中のテーマ銘柄に追加しましたので、この銘柄群を見て、何か買える銘柄があるかどうかをチェックしてみようと思

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 株 投資 成績表

    Excerpt: 株、デイトレード、投資について質問です。 株、デイトレード、投資について質問です。株投資を始めようと考えています。全くのド素人です。専門的な用語もあまり分かりません。今現在、株で儲けている方も最初は素.. Weblog: ミニ日経225先物 取引記録 racked: 2010-05-13 06:58
  • 民主党

    Excerpt: ネット選挙、参院選で解禁 ツイッターは見送り ‎22 時間前‎ 民主党は12日午前の参院議員総会で、夏の参院選からのインターネットを利用した選.. Weblog: 話題のニュース独占! racked: 2010-05-13 11:31