「世界恐慌に対して何を為すか」..4月14日資料提出」....世界への資料!

「世界恐慌に対して何を為すか」..4月14日資料提出」....世界への資料!」について
「「「「世界恐慌に対して何を為すか」..4月14日資料提出」について......」について」について」について
「食糧生産と経済界との関係性および食料生産一人当たりの労働報酬と平均賃金との関係性それと食料生産と失業」について
早急にアメリカ国内の食料の価値観を揚げ、農地解放をし失業者に仕事を与えることです。これをすることによってアメリカの外へ出した産業が戻り始め、雇用に繋がり今のサプライズ問題も解決方向に向かうはずですよ。(失業者0になるところまで)。。。。

アメリカの大企業の平均賃金を下げてゆき、アメリカの平均賃金に対して食糧生産価値を上げてゆき、小さい経営を成り立たせることです。要するにアメリカは農地解放をして、小さい農業経営を成り立たせ、雇用につないでゆくことです。そうすることによって、アメリカは外国に出て行った中小企業が戻り始めて、雇用につながります。

以上より株価が安定し始めるし、金融関係も安定性を確保できる方向に向かうはずです。

最終結論として、世界経済は成長経済から循環経済へ早急に転換すべきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

暇人
2009年10月24日 10:03
知識時代の本物の失業対策は、教育です。
北欧諸国の失業率が低く、日本の失業率が高い原因は、教育の質にあります。
失業、貧困の原因は、これまでのデタラメな教育政策です。
受験競争で時代遅れの知識を詰め込ませ、世界最低となった大学に進学させ、外国語もIT能力も金融や法知識もない若者を育てれば、貧窮し自殺者が出るのは当然です。
各地の母親グループやPTAが「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読む活動を始めたのは、教育の危険に気付いたからです。
すべての子供が、不登校、引きこもり、ニートとなり、犯罪や暴力に巻き込まれる危険があります。すべての親にとって、子供が低所得者となり、結婚できず、ホームレス、ネットカフェ難民になることが、現実の問題となり始めています。
そのため、子供を守り、家庭を守り、生活を守るために、教育システムを根本改革しなければならないと気付いたのです。
教育の改革を求める親や若者の行動は、全国に拡大していきます。
なぜなら、質の高い教育を受けることが、生存に必要不可欠な時代となったからです。必要が、発明も革命も生み出します。

この記事へのトラックバック