資料。。。崩壊の原因、教育も医療も同じ」

食糧生産と経済界との関係性および食料生産一人当たりの労働報酬と平均賃金との関係性それと食料生産と失業」について
「崩壊の原因、教育も医療も同じ」
2008年05月27日16時25分コメント(6) ブックマーク
 「崩壊の原因は、教育も医療も同じ」―。札幌市の教員らでつくる特定非営利活動法人(NPO法人)「キャリアプロデュース」の代表を務める元高校教師の三井貴之さんは、「学校現場で生徒は“おれ様”、医療現場では“患者様”で、教師も医師も権威が失墜している。モンスターペアレントもモンスターペイシェントも同じ構造」と嘆く。三井さんは「医療も教育も個人と個人の対立構造になっており、『公共』を媒介にした結び付きが失われている。...
コメントする(ログイン)
[ 前の20件 | 次の20件 ]
0
user
学校や病院の現場って一言で済まされない。。事実、自己中の親や自分勝手な患者がいたり。そんな中で先生や看護士が何をやれと言っていうのでしょうか?現場を知る者のみが言えることって否定できないんです。世論が変な過保護社会を造っていることは反省しないと。生徒や患者に対してどんな思いで接しているの分かる?馬鹿な教師もいるが、おかしな過保護社会の中の拘束されたありさま。教師は「ごくせん」みたいなの理想としてる。自分の働き掛けで児童が良くなる事。それに制限かけることに意義申し立て。。

gigolo007jp | permalink
2
user
不平・不満があるのなら その病院や学校をやめればよいこと。その場にはそれなりの ルールがあるのだから それに従いたくないのなら無理してまで留まる事も留める必要も無いはず。 その代わり医者や先生も 質の高い現場を築くべきである。 医者として教育者としてのモラルの向上を高めるためにはやはり随時 認定講習会のようなものを実施して適応できないものには再教育または資格剥奪の制度を徹底させるべきである。

wire_puller2 | permalink
0
user
日本には良い意味での”村”や”集落”を貴重にした「地域密着」の連帯意識があったので、”神”などと言ういかがわしい物に縋らなくても、”公”という意識は確立していたのですよ・・・それをぶち壊したのは高度経済成長期に、仕事にかまけて”家長”たる責任を果たさなかった”団塊の世代”の連中ですよ・・・しかも奴らは「アメリカ信仰」にかぶれ、自分たちの都合の良い所だけの”自由のつまみ食い”をこの国にもたらした・・・フリーセックス、核家族、個人主義・・・”美しい国”を穢したのはまさにあの世代ですよ・・・

kf_bucho | permalink
0
user
自分勝手な親や患者も多いでしょうが、おれ様、患者様になる前は、長い間先生様様ばかり。中身が伴わない方にかぎって上下を気にしますね。政治家でもなんでも人間同士という訳にはなかなかいかないのですね。私は、人間として良い先生方に恵まれていましたので、間違っても、生徒や患者のことを俺様と言ったりせず、゛権威〝など気にされてはいませんでした。

choitokun1 | permalink
0
user
確かに受けて側の非常識さもあるだろうけど、先生と呼ばれている人達にも常識をプロデュースしてみては?お互いが尊敬し尊重しあえるなら、日本では何を『公』とすべきか というお題目にとらわれる事も無いだろうに・・・

aramakishakehiko | permalink
1
user
だからって、国内におけるテロリスト集団の創価学会が出て来たら意味の無い事ですよ~!日教組を何とかするのが先決、医療も、医学部の学閥が日本の医学の発展を阻んでるのは明らかです~!国民の一人一人の考え方も、日教組がヘンな教育をして来た結果がこれです~、早急に日本人の考え方の改革をする必要があると思うのですがね~!

crazy_rider_summy | permalink

[ 前の20件

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Hydrocodone.

    Excerpt: Hydrocodone. Taking low dose of hydrocodone while pregnant. Weblog: Hydrocodone. racked: 2008-10-22 10:50